感謝の気持ちをこめた品物

贈り物

内祝いでは、家族や友人にプレゼントを贈ります。この時、値段などを基準にして選ぶ人がほとんどだと言われています。この値段を基準にして選んだ場合、選択肢が狭まり、品物を決めやすくなります。しかし、似たような内祝い品になる可能性もあるので、値段ではなく贈る相手によって内祝い品を決めると良いでしょう。例えば、内祝い品を贈る相手が両親や親戚である場合、家族構成などを考えて品物を選んでいきます。高齢者がいる、年頃の子供がいるなど、家族構成は人によって様々です。そのニーズに合わせてお菓子のギフトを選んだり、お酒を選んだりと臨機応変に対応しましょう。
また、会社の上司や年上の人に贈る内祝い品は、品物の質を重視して選ぶと良いはずです。上司などの目上の人に品物を贈るとき、ついお皿や時計など無難な品物を選びがちですが、お皿などはすでに持っていることがほとんどなので、あまり気持ちがこもっていると感じられません。そこで、少し金額が高いワインや上質なタオルなど、ワンランク上の品物をプレゼントしましょう。この時、赤ちゃんの顔写真が入ったカードを添えて、感謝の気持ちを伝えると、より喜ばれるはずです。
友人など身近な人に内祝い品を上げるときは、友人の趣味に合わせた品物を選びましょう。無理にセンスのよい品物を選ぶよりも、気遣いが感じられるはずです。特に人気の品が、無添加の石鹸とタオルのセット、スイーツギフト、木箱入りのカップなどが挙げられます。このように、贈る相手の好みに合わせてギフト選びをしていけば、スムーズに内祝い品を選ぶことが出来るのです。

贈り物をする前の確認事項

お花

内祝いには、様々なマナーが存在するので、実際に贈り物をする前に確認しておくと良いでしょう。プレゼントを贈る時期や、金額の相場、プレゼントにつける水引の種類などに気を遣いながら決めていくようにします。

Read More...

名前入りのプレゼント

男性女性

内祝い品を選ぶときは、あらかじめ予算を決めておくと良いでしょう。決められた予算内なら、何を買えばよいのかすぐに決めることが出来るのです。また、子供の名前入りのギフトを贈ると、より喜んでくれるはずです。

Read More...

相手の事を考えた品物選び

花

内祝い品を贈る上で重要な事は相手の立場になって選ぶということです。タオルなどの手堅い品物も良いですが、カタログギフトなどを利用するのも、良い手段といえます。そうすれば、礼儀を守りながら内祝いを終えることが出来ます。

Read More...